4kテレビのおすすめはこれ

4kテレビおすすめ

「4Kテレビ」という言葉が次第に浸透し始めているが、興味が無い人には全く何のことだか分らないかもしれないがおすすめのテレビです。。そもそも「4K」って、何。こう思う人も結構多いのではないだろうか。そこから説明していくと、4Kテレビの特徴も分りやすいので、ここから入っていくことにする。そもそも現在のテレビ画面は、沢山の点の集まりからできている。この点のことを画素と呼んでいるが、この画素が多ければ多いほど画像がきれいに見えることは容易に想像できるであろう。今主流となっているフルハイビジョンのテレビの画素数は横の画素数が1,920、縦の画素数が1,080となっている。これに対して4Kテレビでは横の画素数3,840、縦の画素数2,160とかなり多くなっている。このうちの横の画素数を捉えて約4,000とし、単位として1,000が1Kであることから、4Kとなる。ここから 4Kテレビと呼ばれているのでおすすめです。では次に、全体の画素数を比較してみる。全体の画素数は縦の画素数×横の画素数であるから、フルハイビジョンでは2,073,600画素となる。これが4Kテレビではなんと、8,294,400画素となり、丁度4倍となる。この差はテレビの画面が大きくなればなるほど、鮮明さの違いとなって現れてくることになる。では早速4Kテレビを買って、きれいな画像を見よう、と考える人がいるかもしれないが、その前にちょっと気をつけなければならないことがある。まず、4Kの放送は現在CSのみである。このため、スカパー!への加入やアンテナの設置が必要となる。また、4Kテレビは先ほどの4倍の画素数を映すことができる機械であるということで、その前段として4Kチューナーなるものが必要となる。4Kチューナーはテレビに内蔵されているものもあるが、そうでなければ別に購入しなければならない。こうなると、4Kテレビの魅力はあまりないように思えてくるが、実はそれなりにすばらしい点がある。インターネットで配信されている動画には、4Kテレビで見ることでとてもきれいなものがある。また、自分でビデオ撮影した4Kムービーなどは当然4Kテレビで見るべきだろう。それから最も注目さえているのは「アップスケーリング」や「超解像技術」と言われる技術だろう。こうした仕組みを備えている4Kテレビが各メーカーから出されているのだが、この機能により通常の地デジ放送についても一般の大型テレビで見るよりもよりきれいに映し出すことができるのでおすすめである。4Kテレビでの画像を見ると、もうこれまでの画像ではきっと物足りなくなってしまうだろう。ハイビジョンのテレビが世に出た時以上に、テレビ界のステップアップとなっているのは間違いない。